プライバシーマーク取得、IT活用を支援 (宮城・山形・福島・岩手)
アイ・ティ・シー・キューブ ホーム > お役立ちコラム > 第2回 プライバシーマークについて

お役立ちコラム

PDCAモデルによるプロセスアプローチ
プライバシーマークの目的
プライバシーマーク認証取得のメリット プライバシーポリシーの目的
 

第2回 プライバシーマークについて

 プライバシーマーク制度は、日本工業規格JIS Q 15001:2006「個人情報保護マネジメントシステム−要求事項」に適合して、個人情報に関するマネジメントシステムを整備し運用している事業者であることを認定して、その旨を示す“プライバシーマーク”を付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
 個人情報保護マネジメントシステム(PMS: Personal information protection Management System)とは、事業者が自らの事業の用に供する個人情報について、その有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護するための方針、体制、計画、実施、点検及び見直しを含むマネジメントシステムです。
 

PDCAモデルによるプロセスアプローチ

 組織は、PMSを有効に機能させるために、多くの活動を明確にし、運営管理しなければなりません。
 JIS Q 15001:2006では、組織においてPMSを確立、実施、維持、改善のために、プロセスアプローチを採用することを奨励しています。

 

プライバシーマークの目的

  • 事業者の個人情報保護の適切性が、目に見えるプライバシーマークで示すことによって、個人情報の保護に関する消費者の意識の向上を図ります。
  • 消費者の個人情報の保護意識の高まりにこたえ、社会的な信用を得るために、適正な個人情報保護の仕組みを構築することへのインセンティブを事業者に提供します。
 

プライバシーマーク認証を取得するメリット

  • 目に見えるプライバシーマークで示すことによって、個人情報を適切に取扱っていることを、消費者や取引先にアピールできる。
  • 審査基準であるJIS Q 15001:2006は個人情報保護法を取り込んでいるため、JIS Q 15001:2006に適合していれば、個人情報保護法を遵守していることになります。
  • 個人情報を取扱う現場を実地に審査するため、認定を受けた企業への信頼度は高いものとなります。
 

プロセスアプローチ

プロセスアプローチ
 
お問い合わせはこちら
 

前回までのコラム

 
ページトップへ